ハレノヒ東京が1周年を迎えました。

3ヶ月間ブログをサボってしまい、スタッフからお尻を叩かれた目良です。

前回のブログでは「ハレノヒ」に込めた想いについて書こうとしましたが

その前に…

この2021年9月5日をもって、ハレノヒ東京は1周年を迎えることが出来ました!

拍手~!!(パチパチパチパチパチ👏)

これもひとえにご来店いただきましたご家族、応援してくださったみなさんの支えが

あってこそと感謝しております。改めて御礼申し上げます。

ありがとうございます。

(そして頼りない私を支えてくれたスタッフ達にも、感謝を伝えたいと思います。ありがとう。)

この1年間で本当に多くのご家族の“ハレの日”に立ち会わせていただき

奇跡とも言える出来事を目の当たりにしてきました。


お腹の中にいた赤ちゃんが誕生したり、

(元気な男の子でした!)

前までひとりで何も出来なかった子がつかまり立ちが出来てたり、

(見てください!この力強い、つま先を!笑)

そんな、当たり前だけど決して当たり前ではない節目の

お手伝いをさせていただいている私達は本当に幸せ者です。

そして、今回の本題である「ハレノヒ」に込めた想いには

3つの願いごとが込められています。

①特別な節目の “ハレの日” に写真を撮ろう

②写真を撮るその1日が、家族にとって特別な “ハレの日” になって欲しい

③Halenohiの「hale」は、ハワイ語で「家」という意味がある

お宮参りや七五三、成人式も結婚も、家族の成長をお祝いする “家族の日” 。

ハレノヒはそんな家族の、特別な1日を撮り続ける存在でありたいと思っています。

2年目も「自分たちができることで、世の中を幸せにする」と言う理念のもと

頑張っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします!

次回はお尻を叩かれる前にブログを更新するので、お楽しみに~。