ハレノヒ東京が1周年を迎えました。

3ヶ月間ブログをサボってしまい、スタッフからお尻を叩かれた目良です。

前回のブログでは「ハレノヒ」に込めた想いについて書こうとしましたが

その前に…

この2021年9月5日をもって、ハレノヒ東京は1周年を迎えることが出来ました!

拍手~!!(パチパチパチパチパチ👏)

これもひとえにご来店いただきましたご家族、応援してくださったみなさんの支えが

あってこそと感謝しております。改めて御礼申し上げます。

ありがとうございます。

(そして頼りない私を支えてくれたスタッフ達にも、感謝を伝えたいと思います。ありがとう。)

この1年間で本当に多くのご家族の“ハレの日”に立ち会わせていただき

奇跡とも言える出来事を目の当たりにしてきました。


お腹の中にいた赤ちゃんが誕生したり、

(元気な男の子でした!)

前までひとりで何も出来なかった子がつかまり立ちが出来てたり、

(見てください!この力強い、つま先を!笑)

そんな、当たり前だけど決して当たり前ではない節目の

お手伝いをさせていただいている私達は本当に幸せ者です。

そして、今回の本題である「ハレノヒ」に込めた想いには

3つの願いごとが込められています。

①特別な節目の “ハレの日” に写真を撮ろう

②写真を撮るその1日が、家族にとって特別な “ハレの日” になって欲しい

③Halenohiの「hale」は、ハワイ語で「家」という意味がある

お宮参りや七五三、成人式も結婚も、家族の成長をお祝いする “家族の日” 。

ハレノヒはそんな家族の、特別な1日を撮り続ける存在でありたいと思っています。

2年目も「自分たちができることで、世の中を幸せにする」と言う理念のもと

頑張っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします!

次回はお尻を叩かれる前にブログを更新するので、お楽しみに~。

はじめまして。ハレノヒ東京です。

ハレノヒ東京、キャプテンの目良です。
オープンしてから早9ヶ月。その間に私たちが撮影させていただいたご家族の
かけがえのないストーリーは、300組以上になります。
その様々なシーンを改めて振り返ると、いつも心がほっこりします。

ハレノヒ東京のオープンは昨年2020年の9月。
私自身、22歳からカメラマンをしてきましたが、新しい土地での写真館開業です。
今日まで無我夢中で走り抜けてきましたが、改めて私のいるハレノヒ東京を
より皆さんに知ってもらいたいと思い(書くことはすごーく苦手なのですが)
ブログをはじめます。(毎回一生懸命書くので、よかったらお付き合いくださいね。)

さっそく紹介させてください。
ハレノヒ東京は「小さな写真館にできること」をテーマに、人とまち、
そして世界を幸せにしていきたいと考えている写真館です。
七五三・家族写真からマタニティ・ニューボーン・お宮参り・バースデー・成人式・
結婚式など多くのお祝いの場面を通じて、
「家族って素晴らしい」
「家族の価値を再認識しよう」
そして家族が幸せであればまちも幸せ。その先に世界の幸せも……。
私たちはそんな壮大な想いを胸に『世界を幸せにしていきたい』と考えています。

その為に従来の写真館のイメージにとらわれることなく、写真館の存在価値と
可能性を広げていきたいと思っています。
(この辺りのこともまた詳しくこのブログに書いていけたらと思ってます。
よかったらハレノヒ東京のホームページも見てくださいね。)

さて、いま世界は新型コロナウイルスによって大きく変化せざるを得ない状況の中です。
しかし「家族の価値」の本質は何ひとつ変わっていないと
この9ヶ月の撮影でも私自身強く感じました。
ひとりひとりの想いを感じながら、ハレノヒ東京はこれからも皆さんの
幸せのお手伝いをさせていただきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

初めてのブログはここまで。(あー大変…。)
次回は「ハレノヒ」に込めた想いについて書いてみたいなと思ってます。
どうぞお楽しみに!